爪の手入れをした方がいいって本当? - 速球の投げ方〜今より15km/h速度アップ目指して〜

投手の潜在能力を引き出し、能力を最大限に発揮させる!
少年野球からプロ野球まで誰にでも実践できる!
速球の投げ方とは!?野球
↓↓↓↓↓

速球を投げるための3つのコツ

@速球を投げる為に必要な筋肉を必要な部位に付ける
A速球を投げるのに必要な部位の動きをスムーズにする
B肩・肘・首に一切ダメージを残さない
そして何よりも効果的なのが、
実力者(できればプロ)の指導を受ける、真似ること。

もっと見る

爪の手入れをした方がいいって本当?

ピッチャーは爪の手入れをした方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと本当です。 野球をしている人は全員爪の手入れをした方がいいですが、特にピッチャーは念入りにしてください。 では、どうして爪の手入れをしないといけないのでしょうか? それはボールを投げていると爪が割れてしまうことがあるからです。 爪が割れてしまうと、その後のピッチングに支障をきたします。 投げる度に激痛を伴うので、コントロールも定まりませんし、思い切り投げることもできません。 また、ピッチャーにとっては指先の感覚が非常に重要になるものです。 爪が割れるとその感覚が変わってしまうので、その日のピッチングに悪影響を与えます。 そのため、基本的に爪は短く揃えておきましょう。 爪が長ければ長いほど、割れる可能性があるので注意してください。 深爪が心配という場合は、ヤスリで少しずつ削った方がいいかもしれません。 そして、爪に保護のためのオイルを塗るというのもいいでしょう。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 速球の投げ方〜今より15km/h速度アップ目指して〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。